鍋風呂

色々趣味について

「アクションヒロイン チアフルーツ」のすすめ

今回はTVアニメ「アクションヒロイン チアフルーツ」について書いていきたい。

なぜ「アクションヒロイン チアフルーツ」なのか?

それは、この作品の過小評価っぷりが半端じゃないからだ。

 

アクションヒロイン チアフルーツ」とは

アクションヒロイン チアフルーツ」とは、2017年にTBS系列で放送されたアニメだ。

内容を簡潔に書くと、ご当地ヒロインが人気を博している日本で、その波に乗り遅れた陽菜野市を盛り上げるために奮闘する少女たちの物語である。

ぶっちゃけ、あらすじだけだと、ここ数年でいくつもこういう作品作られてるよねという印象になってしまう。

しかし、この作品は決して粗製乱造された作品ではない。

 

アクションヒロイン チアフルーツ」の強み 

では、「アクションヒロイン チアフルーツ」のおすすめポイントを挙げていく。

まず、小ネタが多い。

セリフのパロディや中の人ネタが多く散りばめられており、ジャンルも特撮やアニメだけでなく、「志村~、後ろ~」みたいな広く伝わるものまで様々取り揃えてある。

しかも、小ネタの出し方があざとくなく、気付いた人だけがクスッとできるという使い方になっているのも素敵。

 

また、全12話という短い中でしっかりとストーリーを広げてまとめてあるため、普通にストーリーものとして観ても面白い。

最終話で主人公の城ヶ根御前が文化会館に向かうシーンは12話かけて紡がれたストーリーがこれでもかと利いてくる。

1クールアニメでは勢いが重視される印象が強いが、この作品はとても丁寧な脚本で見せてくれる。

脚本の丁寧さだけなら、あの「宇宙よりも遠い場所」の比較対象にできるレベルだ。

 1クールアニメに限って言えば、私の知る限りではこの作品より脚本が丁寧だと思わせられる作品は片手で数えるほどしかない。

 

最後に

いろいろ書いてきたが、つまりは「アクションヒロイン チアフルーツ」を見てくださいということにつきる。

派手さはないものの、良い作品なのだから。

キャラクターも結構良いし、全12話だから試しに見てください。

見れば、きっとあなたもテラグリーンの魅力に酔いしれる。